「永遠に残るもの」  ― 「生死学」と聖書 ―

「人は皆草のようで、その栄華は、
皆、草の花のようだ。草は枯れ、花は散る。
しかし、主の御言葉は、とこしえに残る。」 (現代約Ⅰペテロ 1:24)

親しい人、特に、肉親の死に直面する時、私達は、人生には終わりがあることを改めて自覚します。そして、死者に対する愛情が細やかで深いほど、悲しみも尽きないものです。しかし、上の御言葉は、これらの暗い現実を払拭し、新しい希望の光を私達の未来に与えてくれる思いがします。
「死」、それは、信仰のない世界では、永遠の別れを意味します。死はいつ訪れてくるかは分からないし、人はどんなにもがいても死を避けられない事実を自覚し、死の不安におびえざるをえません。彼らにとって、死は依然として完全な謎なのです。
「死」という言葉がまだタブー視された日本で、約40年前から「生死学」という新しい概念を教え、定着させてきたアルフォン・ディーケン氏(上智大学名誉教授・ドイツ生まれ)という人物がおられますが、彼が「死と生とユーモア」という講演の中で次のようなことを言ったそうです。 続きを読む

「人生の荒野を通して」

おおきな事をなそうとして力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと弱さを授かった。
より偉大なことができるように健康を求めたのに
より良きことができるように病弱を与えられた。
幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった。
世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと弱さを授かった。
人生を楽しもうとあらゆるものを求めたのに
あらゆるものを喜べるようにといのちを授かった。
求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた。
神のみこころにはそわない者であったにもかわらず
心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた
わたしはあらゆる人の中で最も祝福されたのだ                                 

この詩は、ニューヨーク市立大学のリハビリテーション研究所の壁に刻まれているものですが、作者は不祥とされています。ベトナム戦争で心身ともに深く傷つきながら、立ち直っていった若者の作とされています。 続きを読む

「信仰」と「癒し」 スピリチュアル・ヒーリング療法

「日が暮れると、いろいろな病気で弱っている者をかかえた人たちがみな、その病人をみもとに連れて来た。イエスは、ひとりひとりに手を置いていやされた。」                           (ルカ4:40)

「病人に手を置けば病人はいやされます。」      (マルコ16:18)

「まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしを信じる者は、わたしの行なうわざを行ない、またそれよりもさらに大きなわざを行ないます。わたしが父のみもとに行くからです。」           (ヨハネ14;12)

癒しという言葉が現代社会のキーワードとなり、リラックスをすること、また、ストレスから解放されることを求める人達の需要は年々高まって来ています。そこで、今回の「チャペルだより」では日本ではあまり知られていない、「スピリチュアル・ヒーリング療法」について考えてみたいと思います。 続きを読む