あなたに元気を与える「心の糧」!

0985(23)1023
心を励ます3分間メッセージ(テープ)
この電話のメッセージが、メッセージをお聞きになる、すべての方に、イエス・キリストにある、希望と喜びを与えることが出来ますように。お気軽にダイヤルしてみてください。                           主の祝福を祈りつつ!

CGNTV「みことばに聞く」

クリックすると北村牧師のメッセージが聞けます。

「主イエス様、新型コロナウイルスから世界を守ってください!」

25日に全世界で「主の祈り」を、教皇、新型コロナ対応で呼びかけ!

(CHRISTIANTODAY.CO.JP)

「ローマ教皇フランシスコは、2020年3月22日の「お告げの祈り」(アンジェラスの祈り)で、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に一致して対応するため、25日正午(日本時間同日午後8時)に、全世界のクリスチャンが一斉に「主の祈り」をささげるよう呼び掛けた。さらに27日午後6時(同28日午前2時)には、通常は復活祭とクリスマスの年2回しか行わない使徒的祝福「ウルビ・エト・オルビ(ローマと世全界へ)」を伴った祈りを導くという。バチカン・ニュース(英語)などが伝えた。

ライブ配信されたこの日の「お告げの祈り」で、教皇は『(新型コロナウイルスの)パンデミック(世界的大流行)の脅威におびえるこの困難な日々に、すべてのクリスチャンに対し、天に向かって共に声を上げるよう呼び掛けたい』と語った。『諸教会の代表者、またすべてのキリスト教共同体の指導者、そして、さまざまな教派のすべてのクリスチャンが、全能の神に切に求め、われらの主イエスが教えてくださった祈りを同時に唱えるのです』教皇はそう言い、1日に数回主の祈りを唱えるとともに、特に25日正午(日本時間同日午後8時)には、全世界で一斉に主の祈りをささげることを呼び掛けた。

3月25日は、カトリック教会ではマリアの受胎告知(神のお告げ)を祝う祭日。教皇は受胎告知を祝う特別な日であることにも言及し、『復活されたキリストの勝利を祝うために準備している主のすべての弟子たちによる一致した祈りを、主が聞いてくださいますように』と願った。

さらに27日は、感染防止のためサンピエトロ広場に人は入れないものの、サンピエトロ大聖堂前で「ウルビ・エト・オルビ」を行い、その模様を配信するという。教皇は『メディアを通して霊的に参加してください』と呼び掛けた。

そして、新型コロナウイルスのパンデミックに対しては、『祈りと慈しみ、優しさの普遍性」をもって対応すべきだと強調。『一致を保ちましょう。最も孤独で疲れている人々に私たちの思いを寄せましょう』と呼び掛けるとともに、現場で対応に当たっている医療従事者や政治指導者、警官、兵士らにも思いを寄せるよう求めた。」

≪主の祈り≫
「天にまします我らの父よ。
願わくは御名(みな)をあがめさせたまえ。
御国(みくに)を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、
地にもなさせたまえ。
我らの日用(にちよう)の糧(かて)を
今日も与えたまえ。
我らに罪を犯すものを我らが赦(ゆる)すごとく、
我らの罪をも赦したまえ。
我らを試(こころ)みに会わせず、
悪より救いいだしたまえ。
国と力と栄えとは、
限りなく汝(なんじ)のものなればなり。
アーメン。」

かつて、タンザニアからの宣教師が来宮!

「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。」  (マタイ 7:7)

栄光在主!
イバ牧師(現在、すでに帰国)は、アフリカ・タンザニアにあるThe Tree of Mamre Churchからの宣教師で、主の導きにより、かつて宮崎に在住し、日本の宣教のために祈り、伝道者(エバンジェリスト)的な働きをしていました。
アフリカのリバイバルの中で培われた「祈りと信仰」のスピリットは、聖書の真理は、国境を越え、人種を超え、変わることがないことを改めて、認識させられました。
私(北村)自身、彼の通訳等、日本滞在をサポートした1人です。


高鍋シオン教会に於いて

 ✞ 宮崎ホープチャペル 牧師 北村康広
〒880-0121 宮崎県宮崎市大字島之内6996-3
TEL 0985(39)8714